足のむくみについて 枚方市田口山の奏(かなで)鍼灸整骨院

むくみってなに?

むくみは血液循環が悪くなると起こります。

心臓はポンプの働きをしていますが、なんらかの原因でそのポンプ作用が低下すると体に水分が溜まってしまい、
その結果足などにむくみとして表れてしまいます。

むくみの原因

原因はいくつかあり、一時的なものと、内蔵などから来るものがあります。

(1)長時間の立ち仕事

長い時間立っていると、重力により血液は下のほう、つまり足に溜まってしまいます。余分な水分が血管から染み出して足の細胞に溜まることでむくみとして出てきます。

(2)筋肉の影響によるもの

ふくらはぎの筋肉は第二の心臓と呼ばれることもあるほど血液の循環に影響が強く、収縮することにより血液を循環させるポンプの役目を果たします。足の筋肉が衰えると、そのポンプ機能が低下しまい足に水分が溜まりやすくなってしまいます。 さらに足先の循環も悪くなるので、冷え性になることもあります。

(3)水分・塩分の摂り過ぎ

水分や塩分を採り過ぎることにより、血液中の水分が増えるので、それにより余分な水分が留まり、むくみの原因になることもあります。お酒が好きな人や、夏場に起こりやすいです。

(4)血管が原因の場合

静脈瘤は静脈にある血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れることで血液が逆流したり流れが悪くなったりするので、血液が足に溜まりやすくなり、むくむことがあります。

(5)腎臓の病気

腎臓が何らかの原因で弱っていると、水分の代謝がわるくなり体に水が過剰に溜まった状態になり、むくみの原因になることがあります。

その他、血液を送り出す役目をしている心臓が弱っていて、全身の血流が悪くなりむくみの原因になることもあります。

 

もしむくみと一緒に体のどこかに不調が出ている場合は一度専門医の診察を受けてみることも必要かもしれません。
ただのむくみの場合はふくらはぎを動かす運動をしてみたり、摂取する水分量を調節してみてもいいかもしれません。
当院にお越しいただければ、鍼灸治療でも対応できますし、鍼灸が苦手な方でも他の方法で対応できます。
むくみでお悩みの場合は一度ご相談ください。